おらー!! 3個目

bolt.JPGのサムネール画像




常にカメラを持っているかのように。」


文章の勉強をしている時に、

講師の先生がこんな話をしてくれました...


「例えば皆さんが今、カメラをまさにその手に持っているとする。


すると何かを撮ろう、写真におさめようとしますよね?


いい被写体を探して、周りを気にしながら行動してしまうと思います。


そんな意識で普段の生活をしてみてください。


すると、ほんのささいなことも目の端で捉えることができるようになる。


今まで見逃していたことに気づくことができるようになる。


そういう積み重ねが、文章にいろんなアイデアを与えてくれるのです。


カメラを持っているように東京を歩いてみてください。


ここは世界一刺激的な都市だと思いますよ。」


(うろ覚えなので事実と違う点もあると思いますが)




どこかで使われていた言葉を借りると、


ひらいている状態を作りだすってことでしょうか。




ひらいているとか、閉じているとか、


立っているとか、立っていないとか、


南斗聖拳(108派)とか、北斗神拳(一子相伝)とか。




いずれも感覚的なことで、常に気を張ってるのは疲れちゃうし、


もしかしたら、自ら閉じてしまっている人もいるかもしれません。




しかし、


我々、職場は東京全域。1日中アホほど走るMSGRです。


街にはウソみたいなイベントが山のように隠れています。


なんかもったいないでしょう。閉じていたら。


雨の日、風の日、雪の日どんなコンディションであろうと、


MSGRやるなら、MSGRなら、




やっぱりひらいていたい。


そう僕は思うのです。




今回はちょっといい話。


ふと思い出したので書いてみました。




いつも心にオリンパス。


BOLTでした!




ではまた。


bolt_3.JPG
















Text by No.932 ボルト



|

ライター