「自転車日本縦断」旅の記録 〜22日目〜

22日目:8月20日(日)晴れ 最高気温34度

8時過ぎ、秋田ユースホステルを出発。

五城目から大館方面へ、青森へ抜ける最短ルートを選択する。
途中の道の駅で「日本一周中」の手作りの旗とプレートをつけた自転車を発見。
またもやジャイアントの「グレートジャーニー2」である。
これで今回の旅で出会った3台目のグレートジャーニー2である。

IMG_1117.jpg

IMG_1118.jpg

はN大学2年生のO君。
例のごとくチャリダー同士すぐに友達になる。

彼もこれから青森経由で北海道を目指している。
今日の目標は秋田・青森の県境「矢立峠」。
二人でその峠にある「道の駅やたて峠」を目指すことに。

大館の市街地まで来たところで夕方になってしまった。
日没前に寝場所を見つけるのが野宿のセオリー。
大館のスーパーで晩御飯を買って、手近な河原で野宿と思っていたが、O君はあくまで「矢立峠」にこだわった。

今から峠道に突入すれば日没は確実。
真っ暗な峠道をナイトランすることになる。

「無謀だ!若さとは無謀だ!!」

私は旅に出る前に「ナイトランは危険なのでやらない」と決めていた。
だが、O君の熱意に「旅は道連れ。たまには多少の危険もよかろう」と言う気持ちになってきた。

ナイトランのヒルクライムと決まれば途端にテンションは上がった!!

自転車の前後にライトを装着して前進だ!!

峠道は暗く路面状況が分からないので危険だ。
ただ、勾配は緩めなのでハイペースで登ることが出来た。


後7時40分「矢立峠到着」
とても嬉しかった!

山の中にある道の駅。
夜である。
当然ひっそりしているのかと思いきや、何故かものすごい人で賑わっている!!
なんと盆祭りをやっていた。

矢立峠付近は温泉がある。
この道の駅にも日帰り入浴施設が併設されているのでありがたく入浴する。

風呂から上がると祭りに参加して、買い食いしまくった。

午後9時ごろ祭りが終わった。
道の駅の駐車場全部を会場にしていたのだが、撤収はウソのように早かった。

ガラ~ンと誰もいなくなった駐車場。
その片隅に私とO君はテントを張った。

宴の後とはわびしいもの。

「ん、それにしてもここは山の中、周りに民家はあまり無いはず。。。
みんなここまで車で来たはずだよな。すると帰りは飲酒運転か?」


などとテントの中で考えながら眠りにつく。
さほど標高の高いところではないが、峠だけあって涼しい。久しぶりに安眠できそうだ。


o_m_22png.png








※クリックで拡大します









本日の走行距離116km


宿泊費:  0円
食費等:4,000円


合 計:4,000円

スタートからの総走行距離:2,092km
スタートからの総出費  :96,960円


Text&Photo  No.308 オグ

|

最近のブログ記事