「自転車日本縦断」旅の記録 〜30日目前編〜

30日目前編:8月28日(月)くもり 最高気温25度

起きるとキャンプ場のテントは5張りくらいに増えていた。
とは言え去年のぎゅうぎゅう詰めと比べればとても空いている。

朝はちょーのんびりで10時頃出発。
ゴールが近づいてきて心に余裕が出たせいだろうか。
この辺りは国道沿いを走っても交通量がとても少ない。
歩いている人にほとんど出合うことはない。
車も少ない。
のんびりサイクリングを楽しめる。

音威子府という地名に来た。なんて読むか分かりますか?
「オトイネップ」と読みます。これもアイヌ語に後から漢字を当てたものでしょうね。
北海道の地名は面白い。

この地で面白いものを見た。
「何あれ、すごく沢山の鳥がとまっている。しかもいろんな種類の鳥たちが」
不思議に思って近づいてみると、すべて木彫りの作り物であった。

意味はよく分からないがリアルなのでだまされてしまった。
IMG_1160.jpg


さらに進むとこんな看板を発見。
IMG_1161.jpg


「なに~、過疎農道!!!」
自ら「過疎!」と言い切ってしまうところが潔い!!


IMG_1162.jpg
フロントバックは低い位置に装着することにより、低重心で安定する。
反面、縁石等にヒットするリスクが高くなる。
縁石の多い本州の国道では不向きと感じた。


IMG_1163.jpg
旅の一コマ


IMG_1164.jpg
これ、なんて読むか分かります?
あっ、ローマ字で振り仮名ふってありましたね。
こんな看板見つけると嬉しくなってしまう。


後編に続く

|

最近のブログ記事