「自転車日本縦断」旅の記録 〜6日目〜

6日目:8月4日(金)雨のち晴れ 最高気温31度

7時半起床。
ちょっと寝坊した。あたりは今朝方の雨のせいで濡れている。

のあとのキャンプ撤収作業はやっかいだ。
テントについた水滴をタオルで払いながらの撤収作業となる。
濡れたテントは水分を含んだ分重くなる。手入れを怠るとカビが生える事もある。

と、そこへ再び雨が降り出した。あわてて撤収を完了させて走り出す。


の中ヤケクソ気味に走っていると2時間ぐらいして雨がやみ、晴れだした。
国道10号をひたすら北へ進む。

かしこの道は車道を走ろうにも路肩がほとんど無い。
その上、トレーラーや大型トラックの交通量がやけに多い。
多分、この辺は高速道路も無く、ほとんどの車がこの狭い国道に集中してしまうせいだろう。

回の旅の中で自転車にとって最悪の道だった。
「このままでは事故になりかねない」
やむなく歩道を走ることにしたが、これまためちゃくちゃ狭い。
全くペースが上がらないが、ここは我慢の走行だ!


向市を過ぎると走りやすくなる。
その先に面白い地名がある。土々呂と書いて「トトロ」と読む。

804-3.jpg























日は自転車の被視認性を向上させるため、
朝、サイドバックに着けた黄色いレインカバーはそのままにした。

804-1.jpg
















3時半過ぎ、ようやく延岡に着いた。
延岡には、いつもお世話になっているバイシクルショップ「bike room SIN」のオーナーのご実家がある。

なんでも料理屋さんを営んでるらしいので立ち寄ることに。
訪れたのが中途半端な時間だったため、残念ながら準備中であった。

804-2.jpg
















こから先、国道10号は「宗太郎越え」と呼ばれる峠道になる。
もう時間は夕方4時過ぎ。

これから峠道に突入するのは少し躊躇したが、地図を見ると日豊本線と並走している。
「鉄道が並走していると言う事は、斜度は緩めだろうし、駅があるならなんとかなる」
と判断して前進する事を決意した。

不思議なことに延岡から北は交通量が激減した!
「宗太郎越え」は宮崎県と大分県を結ぶメインルートなのだが、なぜか交通量が少ない。

想通り峠に差し掛かっても斜度は緩い。
上りにもかかわらずアウターギアでグイグイ走れる。
夕方、気温が低くなって元気になった事もありハイペースで走ることが出来た。


持ちの良いヒルクライム走行で、日没ちょうどに峠付近の駅「重岡」まで来た。
ここはもう、大分県である。
「重岡」はローカルな無人駅である。
駅舎は新しくとてもキレイ。
「今夜は駅寝しよう」無人駅で、すごくキレイと来れば、駅寝するには最高である。

804-5.jpg
















日は雨の中走行したが、その割に自転車はきれいである。

804-4.jpg
















8時過ぎ、終電は終わっているのだが、駅に一台の車が来た。
家族でカブトムシを獲りに来たのだ。
駅舎の明かりにつられてカブトムシがいるかも?って思ったらしい。
かし、そこに居たのはカブトムシではなくチャリダーであった。

の子と、両親と、おじいちゃんの三世代。
こちらのお父さんと

「へー、自転車で旅をしているのですか。
 実は私も以前オートバイでオーストラリアを旅した事がありまして」


なんて話になって、

「これまた奇遇ですね」

人との出会い、めぐり合わせってホントに不思議で面白い。

ちらのご一家も帰られて、10時ころ突如、駅の明かりが消える。
終電はとっくに終わっているのに随分と遅い消灯である。
ひとり無人の駅舎で眠りに付く。


れからしばらくして、駅に見回りの職員がやってきた。
懐中電灯を片手に入ってくるなり、「わっ」と驚いた様子だったが、

ここは秘技「たぬき寝入りの術」を決め込んだ。
職員の方は何も言わず、そっと居なくなった。
「勝手に駅寝してすいません。始発前には撤収しますので」
と、心の中でお詫びした。

ピクチャ 6.png






※クリックすると拡大します。










本日の走行距離:105km

宿泊費:      0円
食 費:2,000円
合 計:2,000円

スタートからの走行距離: 418km
スタートからの出費合計: 23,000円

Text&Photo  No.308 オグ

|

最近のブログ記事