HARD ROCKY'S CAFE -4-

rky.JPGのサムネール画像






先日、六本木の東京ミッドタウンに行ってきました。
書類のお届けで地下の配送センターに行くことはあるんですが、
正面きって入るのは初めて。


レストランやサントリー美術館のある娯楽施設はオフィス棟とは別になっていて、

入ってみると、広々していてとてもゆったりしていました。

六本木ヒルズに比べるとテナントが限られていて、

手の込んだ庭園もくつろげてなかなかよかったです。

「無難なデートにはちょうどいいかも」
なんて最初のうちはのんきにふらふらいろんな店を見て回っていたんですが、
どうやらそうともいえないことが分かってきました。

売られてるものはデザインがしゃれていたり機能的だったりして
いいものばかりなんですが、やっぱり値段もそれなり。

三重県桑名市出身でこれまでかたくなに一般庶民を通してきた僕には
少々法外に思える品々も...。

「ショッピング好きの女の子にどうしても買ってくれって
せっつかれたらどうやってはぐらかそうか...いやぁ困った困った...」
などとあらぬ想像をしてしまいました。

特に弱ったのが昼ごはん。

お目当ての釜焼きピザのイタリアンは大行列ですでに定員オーバー。
並ぶことすらかなわない。

ならば地中海つながりでということで、スペイン料理を見てみると
ランチコース1800円~となってる。
コースで頼むとしたら僕はノンアルコールでは食べた気がしないので
5000円以上になってしまう。
アメリカンの店は基本のハンバーガーが1800円...。

ついこの前まで風呂なし6畳一間に住んでいた僕には卒倒しそうな値段。

うつむきながら外に出て結局たどり着いたのは、
六本木交差交番脇のちょっとヘルシーなハンバーガー。
(やっぱりハンバーガーはヘルシーに限るなぁ)

ということで(?)、今日のぞいてきたのが三田の郷土資料館
「東京ミッドタウン前史・赤坂檜町の三万年」。


ミッドタウン建設に先だつ遺跡調査で土を掘り返したところ
いろんなものが出てきたそうで、出土した遺物やこの土地の歴史を紹介しています。

遺物の中でもっとも古いナイフ形石器などはなんと3万年前だそうです。

ナウマン像と格闘していたであろう古代人の遺物の価値について、
僕は見当もつかなかったのですが、この狭い展示室で大型リュックを背負って
帽子を目深くかぶった中年の男性が
「このナイフ形石器はすばらしい!」とやたら連発していたので、
きっと貴重なんだと思います。

この手の展覧では「歴史は俺に任しとけ」的な中年男性が必ずいて
「日曜日の午後、きっと自宅は居心地悪いんだろうな」なんて思ったりするんですが、
今回は「この人、どう見てもミッドタウンとは無縁だろう」と内心つっこんだりして...
って、えっお互い様?

rocky_5.jpg




























Text&Photo by No.1225 ロッキー



|

ライター