Vol.1 : 出航前夜 2008:06:12:16:30:00

| | コメント(1)
jeak_1.JPG
んばんは!ジークです!
ブログは初めてですが、期間限定で書かせていただけることになりました!


存知の方もいるとは思いますが、明日から「可能性の種を届けよう」と言うプロジェクトに参加してきます。

この企画は、サハラマラソンで2年連続日本人1位の国境なきランナーズ
©オフィシャルランナー井上真悟が、
各地の児童養護施設に「サハラ砂漠の砂の小瓶」を走って届けるというものです。

今回は本州の最北端、龍飛岬までの約800kmと言うコースのため、砂や荷物の重量もあり、
彼自身の負担が大きいため、彼のバディーとして自転車でサポートする事になりました。


な役割としては、無事にランナーがゴールできるように、


・自転車の機動力を活かした「斥侯」

・積載力を活かした「装備の運搬」

・その両方を活かした「ランナーへの補給」

・そして、メッセンジャーとしてできること「砂の小瓶を届ける」です。


らはメッセンジャーとして、毎日、様々な荷物を届けていますが、
その一つ一つは、とても大切な荷物だと思います。

これらの荷物を待っている人のもとに、確実かつ素早く届けるのが仕事であり、
その仕事の「プロ」として、是非、協力したいと思いました。


ンナー井上真悟にできるコト。
メッセンジャー・ジークにできるコト。

同年代の二人が、いま自分達に出来るコトをしようという活動を、
少しでも多くの方々に知っていただけたら幸いです!!


んな自分達も、とうとう明日出発です!
自分達がスタートラインに立てるのも色々な方のご協力があったからです!
この場を借りて皆さんにお礼申し上げます!本当にありがとうございます!!

今の自分は9年前に船舶通信士として、初めて乗船する前日の気分です。
出航前夜。「可能性の種=サハラ砂漠の砂の小瓶」と言う最高の荷物を載せて、いざ出航用意!!


Text No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm

Vol.2 : 出発!! 2008:06:13:19:30:00

| | コメント(0)
1日目:6月13日(金)

んばんは!お疲れさまです!
昨日までの天気とは変わって、今日は最高の青空でしたね!

分はメッセンジャーになってから、仕事やレースの練習以外では、
あまり自転車に乗っていなかったので、久しぶりに子供の頃のような冒険気分でワクワクしました!

j_6_13_2.jpg


供の頃は隣街に行くのも冒険でしたが、気が付いたら17kg背負って竜飛岬を目指して走っています!
自転車って本当にワクワクするなぁ〜って思うのと同時に、
この気持ちが子供達に伝わってくれれば嬉しいと思いました。


朝は5時30分にランナーと八王子を出発。
昨夜23時に家に着き、支度や八王子までの移動で、結局、全然寝てませんでした。


j_6_13_3.jpg


中、立川を抜け航空記念公園。C−46とジーク号で...。

j_6_13_8.jpg

 

玉県との境目の荒川。ここまで上流になると全然ちがいますね〜
きっと、この下流には・・・バタコさぁ〜ん!!!!!

j_6_13_5.jpg


j_6_13_6.jpg


るランナー井上。自分もメッセンジャーらしく、地図では行けるか微妙なところを偵察。

j_6_13_4.jpg


日はこれで何回かショートカットできました!
(でも、井上に秘密でチョットだけオーバーランもしちゃいましたが...そう。チョットだけ。)


16時20分、暑い中、ランナー井上と埼玉県北埼玉郡の施設に到着。
サハラ砂漠の砂の小瓶をを渡した時の表情が忘れられません!

最後に帰るときも皆で見送りに来てくれて、ここまで運んだ甲斐があったなぁ〜と思いました。

j_6_13_1.jpg
 

後に一人、野球少年が少しの間、走って着いてきてくれました。
きっと彼にも何かが伝わってくれていれば嬉しいです!
また何年後かが楽しみだなっ!


  • 本日の移動:東京都 八王子市 〜 埼玉県北埼玉郡
  • 移 動 距 離 :99.8km

Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.3 : 湖にやられたっ! 2008:06:14:19:30:00

| | コメント(0)
2日目:6月15日(土)

疲れさまです!
2日目は埼玉県北埼玉郡から栃木県宇都宮市までの53.6km。
距離も短く高低差も少ないので、明後日からの登りに備えられました。


発は8時。昨日までの疲れも抜け、消耗品が少し減ったとは言え、
メッセンジャーバックがだいぶ軽くなった気がします!

ちなみに今回のバッグの中身は...自分の着替えと雨具に、ランナーの着替えと雨具。
ドリンクとサプリメント2人分と、関東と東北の地図1冊づつ、
施設でサハラマラソンを説明するときの資料などなど。

j614_1.jpg
 

して一番奥の青い袋に入ってるのが「サハラの砂の小瓶」。
これ全部で約17kg(...40%ですよね??)後半は峠が多いので、消耗品の残量と軽さのバランスが重要になってきます!

j614_2.jpg



て、出発して埼玉大橋。流れているのは利根川で、この米粒みたいなのはランナーです!

j614_4.jpg


j614_5.jpg
 

から136.5km。

j614_3.jpg


っとこの下流には...まぁ海かな。あせらせるなって!あせらせるなって!山岡さん登場!!!

j614_6.jpg
 


に登場したのは谷中湖(渡良瀬遊水地)。
湖では付近の高校の漕艇部が練習していたり、湖の周りをジョグやサイクリングの人が走っていました!

j614_7.jpg
 

分も走りたくなったので、チョットだけランナーと離れてトライアスロン車についていってみたら、急に群馬県に!
おい!埼玉の次は栃木なのに!と思ってたら次は茨城県!なんでやねん!・・・

慌てて地図を見たら、この渡良瀬遊水地、埼玉・群馬・栃木・茨城の4県と接していたんです!
ふぅ〜よかった〜と思っていたら、ランナー井上をロスト!!

j614_11.jpg
 

てて追いかけて、8km先で発見!・・・埼玉だけに、ごめんなサイタマ。


んな感じで栃木県に!栃木駅・・・この駅前のはイチゴっすか?観光案内所。
 

j614_9.jpg



媛県松山市久米地区の出身は久米っ子。栃木県栃木市の出身は栃っ子らしい。

j614_10.jpg

 
して目的地の栃木県下奈良部町の養護施設に到着!今日もみんな喜んでくれるかな?
それでは行ってきます!

  • 本日の移動:埼玉県北埼玉郡 〜 栃木県宇都宮市
  • 移 動 距 離 :53.6km

Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm



Vol.4 : 今日は福島に入りました! 2008:06:15:19:30:00

| | コメント(0)
3日目:6月16日(日)

疲れさまです!
昨日のうちに宇都宮まで移動し、今日は宇都宮からのスタートになりました!

j615_1.jpg
 

日、立ち寄った施設では手作りの旗やメッセージ入りのフラッグ、
たくさんのポスターに出迎えられ、とても感激しました!

j615-2.jpg


朝、出発前に頂いたフラッグを広げ改めてみんなに感謝するとともに、
ランナー井上の原動力が少しだけ理解できた気がします。


日は宇都宮から鬼怒川を越えて福島県の白河市へ。ここからは登りが多くなってきます。


j615_3.jpg
 
j615_11.jpg

 
ップダウンが増えてくると、自転車の持ち味の一つ「機動力」が消えてゆきます。
最悪、押すことになれば、今度は荷物になってしまうので、
サポートどころか足を引っ張ってしまいます。

そうならないためにも、T-servメッセンジャーの中でも、
少しはプロのレベルかなと思える「フィジカル」で頑張ります!


j615_5.jpg


て「機動力」と言うことで、今日は「斥侯」について書いてみます。
「斥侯」≒「偵察」と言った意味ですが、先回りしてルートを確認したり、
バイパスなどで自転車や歩行者が通れるかどうか不明確な場所を通れるか確認をしてきたりします。

j615_6.jpg


侯と言う単語を使ったのは、偵察以外にも、現地までの気象条件やコンビニの数などの情報収集も行うからです。


j615_7.jpg


して、この企画で一番重要な、ルートを作ってるのは・・・実は自分が作っているのです!!

普段メッセンジャーの仕事の中で、一番苦手ですし、よく指摘されているコトだけに、
しっかりとメッセンジャーのバイブルである地図を見て、最適なルートを探します。

最適とは、メッセンジャーの業務と一緒で、最短ではありません。
最短で行っても峠をいくつも登り降りしていては非効率的ですし、
遠回りし過ぎても施設にアポをとってある訪問時間に間に合いません。

なので当日の彼の回復状態やコンディションとも相談し、上手くこの企画全体でみた戦略を立てています。


j615_15.jpg
 
かし今日はその作戦が裏目に出て失敗してしまいました。

地図上で2kmくらいショートカットできそうな所があったので、探してカットできる道を発見!
予め互いのペースで決めた合流ポイントに戻るも見当たらず、
しばらく待っていると「ルートを外れちゃった・・・」とメールが。

分岐点など、判りにくい所には立ってるのが、今回はショートカットを探しに行っていただけに会えず、
結果的に8kmのロスをさせてしまいました。

時間にして1時間。コースにマークしてある地図を渡してあるものの、
もう少し上手い方法がとれれば・・・
ゴメン!明日からこの反省を活かします!


j615_9.jpg


の分岐点付近のさくら市。さくら。好きですよ。さくら・・・っと荒川発見っ〜何というタイミング!

j615_10.jpg


も、あの荒川とは関係ないみたいです。気が付くと那珂川になっちゃいます・・・無念っ!グハッ!!

だいぶロスをしたものの、想定していたよりも全然アップダウンが少なくて助かりました。

j615_14.jpg


だ自分は何回も先に行って戻っての繰り返しだったので、
地図上でだいたい94kmのハズが、メーターでは142.2kmでした。

  • 本日の移動:栃木県 宇都宮市〜福島県 白河市
  • 移 動 距 離 :142.2km
Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.5 : ランナー井上ピンチ!! 2008:06:16:16:00:00

| | コメント(0)
4日目:6月16日(月)

疲れさまです!明日から宮城に入るので地震の影響が心配です。

出先だけに、なかなか情報が入らないのですが、
犠牲者も出ているとのことなので2次災害などに気をつけて行ってきます!


配と言えばもう一つ。朝からランナー井上の調子が悪く、後半が大変そうです。

j616_4.jpg
 

日の作戦としては最短の峠ルート(88km)は避け、距離としては6km伸びるものの、
なるべく平坦なルート(94km)にしました。

そして日差しがキツくなる昼前に距離を稼ぐということで、朝4時スタートで前半飛ばす形になりました!


の結果、午前9時には郡山を越え、結構早目のペースで来れています。
ちなみに郡山にも日本橋っ!頑張れランナー井上っ!

j616_1.jpg
 


して。明日から地図を東北版に切り替えるので、郵送。ああバイブルよ〜世話になったなぁ・・・。

j616_2.jpg
 

敬する先輩がたが言っていたとおり、開く度に知識を吸収できるし、知らない土地では本当に頼りになる存在。メッセンジャーのバイブルですよ。
ランナーをここまで引っ張れたのも、コイツのお陰ですね。

ありがとう!そして東北版ヨロシク!!


して、地図を変えていきなりショートカット発見!
バイパスを避けたり、車の地図だと解らないような抜け道を探すためにバイク用の100,000:1の地図を購入しといてよかった!

ただ、後半はだんだんペースが落ち、福島市内に入る頃には両腕の位置が低くなり、身体も重そうでした。

小まめに補給したり、アイシングしたりしながらも頑張っていました!

j616_3.jpg

 

のことも、約束の時間も心配でしたが、何とか16時という施設との約束の時間に間に合い、
これから子供達に届けてきます!

j616_5.jpg
 


  • 本日の移動:福島県 白河市〜福島県 福島市
  • 移 動 距 離 :97km
Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.6 : タイム・トライアル 2008:06:17:19:00:00

| | コメント(0)
5日目:6月17日(火)

疲れさまです!昨日と今日と2日間、本当にハードな1日でした!
 
温かく迎えて下さった施設の皆さん、最後まで話を聞いてくれたみんな、本当にありがとう!!


j617_5.jpg 

晩寝て、ランナーもかなり回復していましたが、おそらく本調子ではありません。
なので昨日と同じように後半が心配です。

特に、今日訪れる施設はスケジュールがギッチリ埋まっており、
何とか約1時間やりくりして下さっただけに、絶対に遅れる訳にはいきません!

それだけに、ランナーにとってはレースであり、メッセンジャーにとってはデリバリーと同じ気持ちで走ります!
 

j617_4.jpg

日は宮城〜仙台。仙台と言えばベガルタ!仙台と言えば楽天!仙台と言えばイケメン・マサムネ
月末のツール・ド・美ヶ原で負けないようにアウターで登ってるぜ!オラッ!久米っ子も見とれよ〜!
 

j617_7.jpg

して東京から300km!3日半で来ちゃいましたよ!彼の走りに鉄人・金本アニキを思い出します!

...最近、阪神、勝っとらんなぁ...。


j617_3.jpg 

して、やっと仙台市内!残り6km地点の千代大海・・・じゃなかった、千代大橋!!

j617_2.jpg 

後まで諦めずに何とか15分前に着くことができました!!
90km以上走って15分の差って、誤差程度ですよね!?
 

j617_6.jpg

ぁ何とか着いてよかった!それでは施設に行ってきます!

・・・井上サン?話せますか〜!?



  • 本日の移動:福島県 福島市 〜宮城県 仙台市
  • 移 動 距 離 :105.3km
Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.7 : 半分まで来ました! 2008:06:18:18:45:00

| | コメント(1)
6日目:6月18日(水)

疲れさまです!昨日は何とか約束の時間に間に合い、お話しすることができました!
今日で企画6日目と言うことで、折り返しに入ります。

訪れる施設はあと2つ!
「サハラ砂漠の砂の小瓶」もだいぶ少なくなってきたので、バッグも軽くなってきました!

ンナーもだいぶ疲労の蓄積があるとは思いますが、本当によく頑張っていますし、
一緒にゴールできるように、自分もしっかりサポートしたいと思います!
 

j618_3.jpg

日は仙台から盛岡の一関までの90km。
訪れる施設は無いので時間に余裕があり、疲労が少しでも少ないように抑えめのペースで行く作戦です!

心配事としては、やはり地震の影響。

仙台に近づいてから、空を頻繁に自衛隊のヘリコプターが飛んでいるので、
この先の盛岡に向かう道路が使えないのでは?と言うことです。


j618_5.jpg 

れに関しては、回りに迂回できる道のある幹線道路の国道4号をメインに使い、
先行した自転車が使えない箇所を見つければ迂回路を使うと言う作戦を考えていましたが、
結果的に4号線を無事に通ることがでしました!

とは言っても炎天下のバイパス道路。昼間の時間帯は消耗が激しく、堪える時間帯です。


してちょうど昼過ぎに東京から400km地点を発見!全行程800kmの半分の地点です!


j618_6.jpg 

の後、地震の影響が大きかったと言われている栗原市。


j618_4.jpg

県ナンバーの消防車や地震の現地指揮所などもあり、この先の栗駒方面への県道は通行止めになっていました。


j618_2.jpg 

j618_1.jpg

17時30分現在、本日の目標、盛岡県一関市まであと15km。
チョット、ペースは遅いですが、陽が出ているうちには着けそうです!


それでは、また明日!!



P.S.いつも週末に行く六本木のイタリアン・レストランに前いたウェイターさんと、
    仙台市内でバッタリ会いました!世の中狭いですね!

  • 本日の移動:宮城県 仙台市内〜岩手県一関市
  • 移 動 距 離 :95.7km

Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm

Vol.8 : 宿泊について 2008:06:19:16:55:00

| | コメント(1)
7日目:6月19日(木)

疲れさまです!昨日は夕方に気温が下がってからのペースが延びず、
結局、一関市に着いたのは日没後でしたが、しっかり睡眠をとり7日目がスタート。

今日目指すのは盛岡市内にある施設です!


j619_1.jpg
 

ういえば、宿泊に関してですが、実は一緒ではありません。

ランナー井上は職場の同じセクションのM本サン♂と噂があるので警戒して・・・
と言うのは冗談で、この企画で自分がサポートする目的は、
ランナー井上が目的を果たしながら無事に竜飛岬まで到着するための環境作りです。


のために、ランナーは施設に立ち寄った後は宿にて充分に睡眠をとって身体を回復させ、
また翌日に備えてもらっています。

自分はと言うと、アイシングをしている彼と軽いミーティングをし、
その日に彼の着ていたウェアと、運んできたウェアを交換し、
睡眠の邪魔にならないように他の場所で翌日や翌々日の用意をします。

ずは天気。陽が出るのか曇りなのか、雨は降りそうなのかで、ランナーのペースも装備も変わります。

もう一つが地図。主に通るラインを引いたり、ライン上にある補給のポイントや分岐点、合流点などを、
なるべくランナーに解りやすく、覚えやすいように書き込んで、夜の間に翌日分のみ渡します。
(全部渡すと週刊誌くらいの厚さになります!)

j619_4.jpg
 

況によっては二人分の洗濯などもして、快適に走れるようにサポートしてから
宿より快適なmont-bell製品を使って寝ます!!(笑)

のため朝は彼の宿に寄ってから2人で出発したり、1時間くらい後追いの形で合流したりしています。


日は天候曇りで気温も低く、ランナーにとっては走りやすい天気です!
午後より雨の心配があるとは言え、本来は梅雨ですし、いままでの天気が良かっただけです!

彼のようにきちんとmont-bellストームクルーザーを装備していれば雨は味方に変わります!


巻空港の時点では曇り。風向ENE。風力3。

実は学生時代に航空通信士の免許も取得していたりします!
そしてカツオを捕る船に乗っていた事もありました!

あの時は自転車屋やメッセンジャーやるなんて全く想像していなかったなぁ〜


j619_2.jpg
 


んて言ってる内に盛岡に到着!来ちゃったぞ〜盛岡!待ってろよ〜みんな!
 

j619_3.jpg



  • 本日の移動:岩手県 一関市 〜 岩手県 盛岡市
  • 移 動 距 離 :96.8km

Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm

Vol.9 : カカロット vs ベジータ 2008:06:20:17:30:30

| | コメント(2)
8日目:6月20日(金)

疲れさまです!昨日は小学校の男の子達にモテモテでした!

4人くらいいっぺんにぶら下げたり、額の感じがベジータと言うことで
ドラゴンボールごっことか、ランチャーのラリーカーの絵を見せてもらったり、
とりあえず小学生や幼稚園児の子達を持ち上げて振り回してました!

の頃のランナー井上は中学生の女の子達に囲まれて・・・なんでやねん!
ソッチがオレの役割で・・・あの〜その〜・・・喰らえ〜っ!
ファイナル・フラ〜ッシュッッッ!!(←これかっ!?このせいか!?)

と、まぁ、こんな感じで、公演の後は楽しんじゃっています!


「砂の小瓶」を子供達に渡すところも、みんなに伝えたいケド、
残念ながら施設や子供達との約束もあるのですみません!
ただ、こんな感じで公演してます!!

J620_1.jpg 

っぱり、施設のみんなが待っていてくれるので、重たいバッグだって運べるし、
脚がパンパンになってもペダルを踏み込むことが出来ます!

このバッグの中には「砂の小瓶」があり、この小瓶にサハラ砂漠の砂を詰めてくれたJr.ランニング・クラブの子供達の気持ちも背負っています!


して、その施設も今日で最後。
昨日と同じ盛岡市内の施設(盛岡市青山っ!)なので、今日は盛岡市内でユックリ過ごしました!

J620_3.jpg 

内で知り合った人からカロリーメイトを大量にいただいたので今後の食糧もバッチリです!

J620_2.jpg 

設訪問後は、竜飛岬を目指して少し距離を稼ぐ予定です!


  • 本日の移動:盛岡市内
  • 移 動 距 離 :10.8km


Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm

Vol.10 : 暗夜航路 2008:06:21:19:30:00

| | コメント(0)
9日目:6月21日(土)

疲れさまです!
昨日は1日ユックリ休めたと言うことで、施設の訪問後も走って距離を伸ばしました!

j621_1.jpg

日の施設訪問が終わった時点で竜飛岬までの残り距離が265km。
目標時間は48時間。単純に考えると1日132.5km走る計算になります!

いくらサハラ・マラソン日本人チャンプでも、それは辛いので、夜に距離を稼ぐ作戦に移りました!

そして、環境面でも夜のほうが走りやすいと言うことで、気温が上がる昼前まで走り、
一番暑い日中に仮眠をとり、また夕方から走るというムチャクチャな作戦です。

j621_3.jpg 

も自分はこの作戦に全く反対しませんでした。
この企画自体、彼が言い出したコトですし、走るのも彼自身です!

そして、いままで色々な事に挑戦してきた彼が挑戦したいと言っているのであれば、
バディーとしてサポートするしかありません!


りあえず20時に岩手市内を出発。メチャメチャ暗い陸羽街道(奥州街道)を走ります。
30分ほど仮眠をとった後、カエルの合唱を左右ステレオで聞きながら津軽街道に進みます!

j621_2.jpg 

度目の仮眠をとり、一気に登ると安比高原。この時4時10分!

j621_4.jpg 

して、今度は下り。出発してから69.4kmの田山駅でダウン。
 

j621_5.jpg

j621_6.jpg

8時をまわり、太陽が出て気温も上がり始めたため、日陰でしばらく休みます。

そして、天気が曇り始めた13時30分に再びスタート。
5時間の休憩でどれだけ回復したかは解らないケド、また一歩一歩と進みます。


j621_8.jpg 

瀬温泉の手前で強い雷雨が・・・

j621_7.jpg

かしトンネルに入り、過ぎるのを待つと何事もなかったような天気に!天気も味方です!


15時30分、湯瀬温泉に到着。残り時間と距離の問題で、休憩した後、今日も一気に行く予定です!

j621_9.jpg 

  • 本日の移動:盛岡県 盛岡市内 〜 秋田県 湯瀬温泉
  • 移 動 距 離 :85.7km


Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.11 : 作戦の失敗 2008:06:23:15:00:00

| | コメント(0)
10日目:6月22日(日)

疲れさまです!
昨日は17時30分に湯瀬温泉を出発し、朝までに弘前を目指す予定でした。


j622_2.jpg 

j622_1.jpg

かし、日没後に街灯の全くない平気勾配7.8%の坂梨峠に苦しめられてペースが上がらず、青森県側に下った碇ヶ関付近で軽く睡眠をとりました。


j622_3.jpg 

う最終日なので、残りの日数の計算より、20時までに竜飛岬に到着することだけが目標です。
そのため通常は6~8時間とる睡眠も、今回は3時間程度の仮眠で出発しました。

そして、弘前城付近で長めの休憩。あとは残り84kmの竜飛岬を目指すのみです!


木山を見ながら、走っていると、橋の欄干に林檎さんが...

j622_5.jpg

んなトコまで林檎さんの「つがるりんご大橋」を渡り、
つがる市に差し掛かる頃には広大な林檎畑の真ん中を走るストレートでしたが、
日中で日差しが強く、ランナーには果てしなく長い道に思えたかと思います。


j622_6.jpg 

j622_7.jpg

j622_8.jpg

して、林檎畑が終わるとメロンバタコじゃなかったメロン畑が!その名もメロンロード!!
 

j622_9.jpg



ロンロードが終わると拓けた道に入り、とても強い横殴りの風になかなか前に進めません。
この逆風に向かって走ること20km。坂を下るとそこに見えてきたのは...十三湖!ここで日没を迎えます。

j622_11.jpg 

j622_14.jpg

の時点で18時を回っており、残り5時間・32kmとなりましたが、竜飛岬の宿の都合もあるので、
自転車で予約していた宿(この度唯一の予約)にチェックインだけ済まし、余分な荷物を置き、
戻ってランナーと合流しサポートすると言う作戦に出ました。

ンナーは竜飛岬まで最後の峠に備えるため「30分だけ仮眠します。」とのことだったので、ギリギリの所で勝負してると感じました。


ンナーを置いて19時40分に出発。向風に逆らいながら眺めの良い海岸線を走ると7%程度の勾配が。

今朝の坂梨峠を思い出しながら走って行くと、だんだん勾配も10%や12%になり、
風もさらに強く、霧も深くなり、暗闇と横殴りの風に悩まされながらも、早く宿に着き、
早く合流できれば1度走った情報をランナーに伝えられると思いました。

岬に向かうにつれて風はキツくなり、気を抜いたら自転車ごと持って行かれると言う状態でしたが、ペダルを一回踏めば確実に前には進めるので、漕ぐことに集中して、前に前に出ました。

して22時27分。宿に到着し、チェックインを済ませ、ランナーに連絡をすると「いま出た所です。」とのコト。
予定では20時出発で、32kmを4時間と言う作戦だったと思うのですが、残り1時間半では現実的に見て、今日中の到着は無理だと思いました。

ここに来るまでの情報を話すと「(残り15kmの)小泊まで進み、状態を見て連絡する。」との事でしたが、
小泊で宿泊する事を前提に、行けそうだったら行 く程度に感じに取れたので、
「もし小泊から先に進む意思があれば(コチラからは下りなので)連絡をくれれば直ちに向かう」
と言う旨の内容を伝えて電話を待 ちました。


かし彼からの連絡は無いまま、時計の針は0時を回り、10日間で回ると言うこの企画は失敗に終わりました。

彼が8日目くらいから言い始めた「11日目の明け方に到着すればいいか」と言う妥協案を思い出し、
この企画の失敗に涙があふれました。

同時に彼をサポートして10日間で無事に竜飛岬まで到着させると言う自分自身のサポートも失敗に終わり、
自身の力不足を痛感し、この企画をサポートして下さった皆様、応援してくださった皆様、
約束した子供達に対し大変申し訳なく思います。


j622_13.jpg 


  • 本日の移動:秋田県 湯瀬温泉 〜 竜飛岬
  • 移 動 距 離 :184.1km

Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm


Vol.12 : 11日目に思ったこと。 2008:06:23:17:15:00

| | コメント(2)
11日目:6月23日(月)

日、この企画自体に僕達は失敗したものの、ランナー自身は絶対に竜飛岬まで走って来ると信じています。

そのため早朝からサポート出来るように彼の分の行動食や水を用意し、
待機していると7時28分に「今から小泊を出発します」とのメールが入りました。

用意は万端だったので、直ちに彼のもとに向かい合流し、切れかかっていた水と終わっていた行動食を渡し、
この企画で最後の竜飛岬まで向かいました。


j623_9.jpg

j623_8.jpg 

日は天候にも恵まれ、風も昨日よりも弱く、昨日は見えなかった風力発電所のプロペラや、
走って来た峠、日本唯一の階段国道などの景色を見て、
改めて本州の最北端である竜飛岬まで来た事を実感しました。


jj623_1.jpg 

j623_2.jpg

j623_7.jpg

j623_6.jpg

京からここまで800km。たしかに自転車であるならば大したことではありませんが、本当に自身の脚で走り通したランナー井上はとても素晴らしいと思います。

例え11日間かかっても、東京から青森までの800kmを走った彼のことを本当に素晴らしいランナーだと思います。


j623_4.jpg 

「出来る」と言う人はいるかもしれませんが、彼は実際に「やってみせた」のです。
例え企画自体は成功しなくとも、最後の最後まで2人で走り抜けてよかったと思います。


かし、竜飛岬に着いて感動しいる彼とは若干の温度差を感じてしまった事が残念です。
昨日、竜飛岬に到着してから、彼のいる十三湖までサポートに向かわなかった自分自身の弱さに悔しさが残りました。


j623_3.jpg 


  • 本日の移動:竜飛岬 付近
  • 移 動 距 離 :27.4km


Text&Photo No.1276 ジーク


この挑戦の企画/実行者である『国境なきランナーズ©』オフィシャルランナー井上真悟さん
もご自身でのブログにより挑戦中の様子をアップしています。
ぜひ併せてご覧下さい。
 
 ▼井上選手の個人ブログ『大陸を走って横断する僕の話。』
http://motto77777.blog51.fc2.com/
 
 ▼PR会社㈱フリーマン 海外レース支援室『国境なきランナーズ©』
http://www.runners-wb.org/index.htm