BICYCLE RIDE 2008 in TOKYO

バイシクルライド2008 レポート  
No.974 モンモン

0042.jpg年も毎年恒例のバイシクルライド 2008 イン トウキョウに参加してきました。
このイベントは、普段の業務と違いゆっくりと都心を走る事が出来るとともに、
自転車好きの方々と交流できる事も魅力といえます。

また、メッセンジャースタイルをみなさんに伝えられるチャンスでもあるので、
僕たちはリリースされたばかりの、2008年モデルのティーサーブオリジナルジャージを身にまとい、
休日の東京の街を疾走してきました。


0405.jpg年のコースは去年より少し延びて、永田町のプルデンシャルタワーから始まり、
新橋・築地を経て晴海大橋を渡ってお台場で折り返し、再び晴海大橋から佃方面、
八丁堀から大手町を経由してゴールというロングコースになりました。

お台場は、普段の仕事で自転車では行かないエリアでもあり、
このコースレイアウトが決まった時点から楽しみにしていました。


0306.jpg日の天候は、あいにくの曇り時々強風。
気温もあまり上がらず、時折設営されたブースのテントが吹っ飛ばされてしまう程の
強風が吹く中での大会になりました。


0010.jpg般参加の方は約1,000人。自転車で東京の街を走るイベントとしては最大級です。
僕たちメッセンジャーの役割は、一般参加の方々の先導や、
コースのポイントごとに立ち、コースマーシャルとして参加者を誘導したりと、かなり重要な任務です。


0466.jpg朝7時、眠気眼のメッセンジャー達が集まる頃には、既に何百人もの一般参加の方達がプルデンシャルタワー周辺に集まって来ていました。

スタートの30分前にメッセンジャー達は各担当エリアに散らばっていき、
テルさんがディスパッチャーとなり、無線でエリアごとに指示を出していきます。


0031.jpgつもの仕事にはない"ゆるさ"が無線にも出ていて、
バイシクルライドの雰囲気を楽しんでいる様子が伝わってきます。

各メッセンジャーはスタッフにジャンバーと旗を渡したり、それぞれの持ち場で準備を整えました。

8時ジャストに第一陣がスタート。
先導の南陽さんとタカギを先頭に、バイシクルライド2008が始まりました。

0060.jpg回の取材班は僕とBud。僕はもちろん写真を撮り、Budはビデオカメラでの撮影担当です。
日曜日という事もあり道路はガラガラ。
普段走っているのと同じ街とは思えない程でしたが、僕たちにとってはとても新鮮に感じられました。


0118.jpgっくりとツーリングを楽しみながら、とりあえずは一つ目のエイドステーション(補給所)
のお台場の潮風公園を目指し、新橋→築地→晴海と進みます。


0206.jpgれにしてもこの強風は半端じゃない。勝どき橋や晴海大橋を渡るのは至難の業。
少しでも気を抜くと飛ばされてしまいそうです。


0226.jpg風をなんとか切り抜け、潮風公園に着いたところで、僕たちは一般参加の方達にインタビューを開始!!


0263.jpg京都内から参加の方はもちろん、遠方から来られた方もいるようで、
朝4時起きで輪行してきている人も、何人かいらっしゃいました。

0265.jpg
0278.jpg0288.jpg0298.jpg社ごとでの参加や家族連れの方、サークルの仲間同士など、
それぞれにこの大会を満喫している様子でした。

いまいちの天候で肌寒かったためか、補給を終えてのんびりする人達はあまり多くはなく、
足早に潮風公園を後にしました。


0179.jpgこで折り返し、次のエイドステーションのある大手町を目指して移動します。

0330.jpg年のコースだと一番の立ち寄り所は佃の辺りで、みんなそこでのんびりとしていましたが、
今回は勝どき橋を渡った後、築地から佃、一気に八丁堀を抜け、
そのままの流れで大手町へと向かうコースだったので、この間は休憩することなく走り抜けました。


0315.jpg0379.jpg冶橋通りから日比谷通りに入り、僕たち取材班が大手町のエイドステーションに着いた頃には、
毎年恒例のバナナやバームクーヘンの配給はすでに終わっていました。
最大の楽しみが。。。


0374.jpgょこっとインタビューして、僕たちは再びプルデンシャルタワーを目指して走り出します。

0401.jpg堀通りはサイクリングロードと化し、何度経験しても新鮮な感じです。
車道の真ん中を堂々と走れるのは本当に気持ちいいものです。


0434.jpgたちがプルデンシャルタワーに着いた時には、もうすでに大勢の方がゴールしていました。
走り終えた方達の顔は爽快だったり、若干疲れ気味だったり、それぞれでしたが、
この大会を走り終えての充実感や満足感に満ちているようでした。


0461.jpg会式では、お馴染みになった鶴見しんごさんのジャンケン大会で締めくくり、
バイシクルライド2008は幕を閉じました。

0482.jpg年も無事に走り終える事ができ、ティーサーブとしても与えられた仕事をやり終える事が出来て、
とても有意義に大会を終える事が出来ました。

一年に一度、一般の方々とこうして気楽に走れる事は、いつも一人一人で緊張感と共に走っている
メッセンジャーにとって、とても貴重な体験になりました。
いつも見慣れたつもりの僕たちの"縄張り"も、こうして走ると別の面が見え、
新鮮な目で東京の街を見つめ直す事ができました。

そして、無線をつけて一般の人達を誘導しながら走るメッセンジャーの姿は身内ながら頼もしく、
とても誇らしく感じられて、メッセンジャーって格好良い仕事だなと再確認しました。

0048.jpg
イベントに参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした。


|