Vol.6 -AMSTERDAM 2-

|
ムステルダムはトラム(路面電車)網が発達していて、
近代的なデザインのクールな車体をあらゆるところで見る事が出来る。



065.jpg


























れが自転車ともマッチして、個性的な風景を作り上げている。

もうひとつ、アムスの街に多かったのは、緑いっぱいの公園。
しかも一つ一つの公園がものすごく広い。東京でいうと代々木公園ぐらいあるだろうか。


028.jpg


























らはその公園を当ても無くブラブラして、池のほとりでボケーっとしたり、
行き交う人を眺めたり、アムステルダムでの贅沢な時間を満喫していた。



031.jpg


























かし、体調はますます悪くなるばかり。声が完全に出なくなってしまった。
とはいえ、せっかくのオランダ。街を散策に自転車をこぎだす。



067.jpg














目当ては現地のバイクショップ。
いくつかの店を回ると、ユニークでキュートなデザインのバイクが並んでいる。


059.jpg














かにはクラシックな高級バイクやショップオリジナルのパーツやグッズもたくさんある。
それぞれの店のオーナーはとても気さくで、取材にも快く協力してくれた。


048.jpg058.jpg





















ッセンジャーも探してみたのだが、
噂に聞いていた程は目にする事は出来なかったのが残念だ。

オランダはこの時期、日が落ちるのが遅く、夜の9時頃になってもまだ明るい。


073.jpg


























ムステルダムの中心街は観光客でごった返していた。
アムステルダムも東京と同じく、眠らない街のようだ。


074.jpg


























京とは全く違う風景のなか、オランダでの4日間はあっと言う間に過ぎてしまった。

僕の体調は中盤あたりが苦しさのピークだったが、
オランダを去る頃になると、徐々に回復に向かっていて、
ペダルを回す足も軽くなってきている。

しかし相方のジュリにうつしてしまったようで、彼は少し苦しそうだ。
ダブリンに向かって多少の不安を感じつつ、オランダの街をあとにした。


041.jpg














071.jpg














Text & Photo No.974 モンモン

最近のブログ記事