Vol.8 メインレース予選2

|
ロントのチャンピョン、シノの後を続いて続々と他の選手達が追う。一人、また1人。
スタート直後に立ち止まって考える人もいればそのまま走り出して走りながらルートを組み立てる人もいる。タイムだけではなくデリバリーの正確さまで求められる今回のレース。勝ちにいく人とただ楽しもうという人の顔は明らかに違った。自分のタイミングでスタート出来るため先に走った人の情報を仕入れる人もいる。

144.jpg119.jpg149.jpg108.jpg098.jpg112.jpgースの幅はそれほど広くないのと急カーブがいくつもあるのがポイントだ。走り終えた人や一般の見物客はスポンサーが出しているブースなどで買い物を楽しんでいた。とりあえず自分は写真を撮る為に各チェックポイントをまわる。撮影しながらも仲間が目の前を走っていくと『ゴーゴーゴーゴー!!』とつい叫んでしまう。やっぱりみんなが真剣に走っている姿を見ると熱くなってしまうものだ。それは仕事中も同じ。
175.jpg
178.jpg244.jpg分もエントリーはしたものの正直走るかどうかは迷っていたが楽しそうに、そして真剣に走っている彼らを見てやはり自分も走りたくなった。この先東京で世界戦があるとは限らない。答えは一つしかなかった。
194.jpg
205.jpg222.jpgたいカメラの機材から解放されメッセンジャーバッグだけの身軽な格好になったときの気分は良かった。スタートラインで10枚の伝票に目を通し各オーダーの制限時間を頭に入れて走りだした。後はピックアップした荷物を確実に時間内にデリバリーするという事だけを考えひたすら走った。途中コースミスもしかけながら、普段の様にこなす。45分くらいでゴール。後からあそこはこうしとけば良かったなぁと思いつつもまあ大きなミスだけはなかったのでよしとする。楽しかったなぁという余韻はその後も残り続けた。

258.jpg238.jpgくゴールした人で30分台、T-servの精鋭達も納得した顔をする人もいれば悔やむ人達もいた。
メインレース予選が終わり一息つきたいところだったが会場には次の競技のアナウンスが響き渡り自分も機材を担いで現場へと急いだ。

MONMON





最近のブログ記事